HbA1cの正常値は?

前田の菊芋は、糖尿病の主治医が数値に驚いた、糖、HbALc、体脂肪が気になる方におすすめのサプリメントです。

 

HbALc(ヘモグロビンエーワンシー)の数値が気になっていませんか?

HbA1cは、健康診断の基本検査項目の一つで、糖尿病のリスクを判別します。測定前の約1~2ヶ月の平均血糖値がわかる、という優れた検査です。

実は、世界中で測定されていて、現在、日本でも国際基準の測定値を使用しています。血糖コントロール状態の目安となる検査で多くの病院の糖尿病外来で測定されています。

検査結果から自分自身の血糖状態を知る上で、非常に重要な数値の一つなんです。

そもそも、ヘモグロビンは、血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、酸素と結合して酸素を全身に送る役目を果たしています。
このヘモグロビン(Hb)は、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っています。そのブドウ糖と結合した物の一部分が、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と呼ばれています。

血液検査の結果、このHbA1cの値が高ければ高いほどたくさんのブドウ糖が余分に血液中にあってヘモグロビンと結合してしまった、という訳なんです。



HbA1cの正常値は?

HbA1cの正常範囲は、糖尿病治療ガイドライン(日本糖尿病学会)で4.6~6.2%です。特定保健指導の基準値は5.6%未満です。

 

HbA1cが高い状態が続くと、糖尿病が悪化し合併症の発症リスクが高まります。

正常な状態を表す範囲は、4.6-6.2%。健康な人が示す数値は5.6%未満です。

6.0-6.4%だと糖尿病の可能性が否定できず、6.5%以上になると糖尿病が疑われることになり、ブドウ糖負荷試験などの再検査が必要となります。

HbA1c値が8.4%以上の人は、糖尿病によるさまざまな合併症が進みやすい状態ですので対策をすることが大切です。

 

前田の菊芋は、大阪大学での検証結果あり!

大阪大学で、HbALc(対象10名)を検証の結果、3ヶ月で10人中9人が正常範囲へ、3ヶ月で11人中11人全員が正常範囲(6.5以下まで)まで数値が下がりました。
※前田の菊芋は糖尿病を治療する医薬品ではありません。あくまで健康を維持するためのサプリメントですのでどなたにも効果があるとは申し上げられません。

ドイツ産菊芋のイヌリンを濃縮配合した前田の菊芋には、糖尿病をはじめ、つらい便秘の予防、腸内環境の改善、さらには循環機能を正常に保つ効果なども期待できます。

 

糖、HbALc、体脂肪が気になったら「前田の菊芋」を試してみませんか?

前田の菊芋の詳細はこちらから↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】