初回限定キャンペーン中!

糖対策の決定版!前田の菊芋は、初回限定キャンペーン中!

 

いま、前田の菊芋を定期購入コースでお申し込みいただきますと、「初回半額」!さらに「送料無料」でお届けします。前田の菊芋をどこよりもお得に購入するなら、初回半額の定期コースが断然おすすめです。

また、定期コースには、7つの特典付き!

・初回半額!
・2回目以降はずっと5%OFF!
・全国送料無料!
・全てお支払いの手数料無料!
・いつでも変更や休止OK!
・継続回数の制約もありません!
・お届け間隔を自由に設定可能!

お得な定期コースで、糖対策はじめませんか?



前田の菊芋は、「粒タイプ」と「顆粒タイプ」の2タイプから選べます。あなたの飲みやすい方をお選びいただけます。※粒タイプも顆粒タイプも原材料や成分は同じです。

粒タイプの定期コースには
1日8粒コース
1日15粒コース
1日30粒コースがあります。

 

顆粒タイプの定期コースには
1日1包コース
1日2包コース
1日3包コースがあります。

全てのコース共通で、「初回半額!」2回目からは5%OFF、送料無料でお届けします。もちろん特典も付いています。

 

前田の菊芋は、ドイツ産の菊芋に多く含まれる成分「イヌリン」に着目して研究・開発された糖尿病の主治医が数値に驚いたサプリです。イヌリン含有量はトップクラスの68%!(顆粒タイプのイヌリン含有量)検査機関で検証済みです。

高品質なドイツ産菊芋の成分イヌリンの質を落とさないように瞬間冷凍して、粉末化した後、製品化しています。日本での検査もし、最後まで品質にこだわっています。

 

前田の菊芋による、血糖値とHbA1cの効果については、臨床試験で3ヶ月間継続で良い結果がでています。継続していただくことをおすすめします。まずは、3ヶ月続けてみませんか?

前田の菊芋の詳細とお申し込みはこちらから↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】

糖対策の決定版!

前田の菊芋で「糖対策」を!

糖尿病の主治医が数値に驚いたサプリ「前田の菊芋」には、ドイツ産の菊芋から作られた「イヌリン」が濃縮配合されています。

イヌリンは、食後の血糖値の上昇を押させる、糖対策にぴったりな成分です。前田の菊芋で「糖対策」しませんか?
また、イヌリンには、水溶性の食物繊維が多く含まれているので、腸内環境の改善に役立つ成分としても注目されています。

腸内の善玉菌が大喜びの成分、それが「イヌリン」だとNHKためしてガッテンでも紹介されました。イヌリンを濃縮配合した前田の菊芋は、「糖対策」にはもちろん、「腸活」の強力な助っ人でもあるんです。

前田の菊芋は、業界トップクラスのイヌリン含有量68%!
※厚生労働大臣登録検査機関である埼玉県食品衛生検査センターにてイヌリン含有量検査済です。

 



実際に、前田の菊芋を飲まれている方からは、うれしいお声が届いています。

当初、不安とあせりで困惑していましたが、、1ヶ月より効果がで始めて、現在では自分でもびっくりするほどになりました!今後も続けていきたいと思います。

 

前田の菊芋を飲みはじめて、半年くらいたって元気が出てきたように感じます。

 

糖尿病予備軍の父が飲んでいます。前田の菊芋を飲み始めてから、食事後に感じていた頭がぼーっとする症状がなくなったようです。今後も継続して飲み続けたいと言っています。

 

使用し始めて2週間。食前に3粒ずつ飲んでいますが、下痢気味が改善され便通がよくなりました。HbA1の測定は少し先ですが、効果を期待して飲み続けたいと思います。

 

飲み始めて数か月、腸の調子も安定して、お通じにも効果が見られるようになりました。飲み忘れがないように工夫して続けていきたいと思っています。

 

健康診断で血糖値が少し高めと指摘され、前田の菊芋購入しました。1日10粒から始めましたが驚いたのは便秘ぎみだったのが毎日お通じが来るようになった事です。値段が高いのがネックですが私の身体には合っているようです。

など、お喜びのお声をいただいています。
※個人の感想であり、効果・効能を保証するものではありません。

口コミにもあるように、イヌリンは、善玉菌の栄養素となるため、カラダの中からキレイにすることにも役立ちます。お通じがよくったとのお声もいただいています。

 

前田の菊芋は、食後の血糖値が気になる方、コレステロールが気になる方、血流を良くしたい方、腸内環境を整えたい方にもおすすめです。

公式サイトはこちらから↓

糖対策の決定版!医師推奨ドイツ産のイヌリン特濃サプリ!

HbA1cの正常値は?

前田の菊芋は、糖尿病の主治医が数値に驚いた、糖、HbALc、体脂肪が気になる方におすすめのサプリメントです。

 

HbALc(ヘモグロビンエーワンシー)の数値が気になっていませんか?

HbA1cは、健康診断の基本検査項目の一つで、糖尿病のリスクを判別します。測定前の約1~2ヶ月の平均血糖値がわかる、という優れた検査です。

実は、世界中で測定されていて、現在、日本でも国際基準の測定値を使用しています。血糖コントロール状態の目安となる検査で多くの病院の糖尿病外来で測定されています。

検査結果から自分自身の血糖状態を知る上で、非常に重要な数値の一つなんです。

そもそも、ヘモグロビンは、血液の赤血球に含まれているタンパク質の一種で、酸素と結合して酸素を全身に送る役目を果たしています。
このヘモグロビン(Hb)は、血液中のブドウ糖と結合するという性質を持っています。そのブドウ糖と結合した物の一部分が、HbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)と呼ばれています。

血液検査の結果、このHbA1cの値が高ければ高いほどたくさんのブドウ糖が余分に血液中にあってヘモグロビンと結合してしまった、という訳なんです。



HbA1cの正常値は?

HbA1cの正常範囲は、糖尿病治療ガイドライン(日本糖尿病学会)で4.6~6.2%です。特定保健指導の基準値は5.6%未満です。

 

HbA1cが高い状態が続くと、糖尿病が悪化し合併症の発症リスクが高まります。

正常な状態を表す範囲は、4.6-6.2%。健康な人が示す数値は5.6%未満です。

6.0-6.4%だと糖尿病の可能性が否定できず、6.5%以上になると糖尿病が疑われることになり、ブドウ糖負荷試験などの再検査が必要となります。

HbA1c値が8.4%以上の人は、糖尿病によるさまざまな合併症が進みやすい状態ですので対策をすることが大切です。

 

前田の菊芋は、大阪大学での検証結果あり!

大阪大学で、HbALc(対象10名)を検証の結果、3ヶ月で10人中9人が正常範囲へ、3ヶ月で11人中11人全員が正常範囲(6.5以下まで)まで数値が下がりました。
※前田の菊芋は糖尿病を治療する医薬品ではありません。あくまで健康を維持するためのサプリメントですのでどなたにも効果があるとは申し上げられません。

ドイツ産菊芋のイヌリンを濃縮配合した前田の菊芋には、糖尿病をはじめ、つらい便秘の予防、腸内環境の改善、さらには循環機能を正常に保つ効果なども期待できます。

 

糖、HbALc、体脂肪が気になったら「前田の菊芋」を試してみませんか?

前田の菊芋の詳細はこちらから↓

テレビ・雑誌などで話題沸騰の菊芋【前田の菊芋】